健康づくりのサイクル

img_0427.jpg img_0025.jpg img_0044.jpg img_0043.jpg

HOME | 健康づくりのサイクル

あなたの健康を守る3つの方法とは?|旭川のはじめ鍼灸整骨院

当院が提唱する健康づくりのサイクルとは?

体がつらい時にはやっぱりしっかりした調整がおすすめ!|旭川のはじめ鍼灸整骨院

(↑タイトルに触れると閉じられます↑)
 

まだ痛いはり、熱いお灸が効いているとお考えですか?

こんにちは!旭川のはじめ鍼灸整骨院です! 当院でははり灸を受けた患者さんから「なんで痛くない鍼や灸で、しかも症状がある部位とは違う場所に施術をしたのに、痛みや身体の動きが軽くなるの?!」と驚かれることが少なくありません。このようなお話があると「まだ痛くて熱い鍼灸が効果があるとお考えなんだな」とこちらが驚いてしまうこともしばしばです。
 

全身のバランス調整と症状がある部位への調整が効果的!

 
施術の二本柱|旭川のはじめ鍼灸整骨院

当院は、鍼灸師が東洋医学のど真ん中でおこなう全身の流れ(経絡)の調整と、痛い部位・症状がある部位への調整を二本柱に施術をおこなうはり灸整骨院です。東洋医学は患者さんと鍼灸師双方の五感を大切にしながら体のバランスを判断して、その崩れたバランスを穏やかな刺激で整えてあなたのつらい症状を和らげる調整法です。

 

当院でおこなわれる東洋医学とは?

当院の東洋医学は経絡治療学会の経絡治療と天地人治療が根幹で、どちらも古代中国の東洋医学の古典に依拠した施術体系です。特に当院の院長は経絡治療学会と天地人治療会で東洋医学的なはり灸を長年研鑽を積んできています。あなたの症状や体調・体質などを総合的に判断して、やさしい刺激で心身ともにリラックスできる心地よいはり灸をおこないます。
 

 
 

体がつらい時のおすすめメニューはこれ!

<病のはり灸(約40分)>5810円(税込)
2つ以上症状がある場合やしっかり全身調整をしたいような場合におすすめです。施術頻度は症状にもよりますが、週に1〜3回くらいから始めて、症状の緩和がみられれば徐々に間隔をあけていく形になることが多いです。
 
<痛みのはり灸(約20分)>3890円(税込)
首や腰など整形外科的に痛い部位が1ヶ所だけの場合のはり灸です。バランスも整えながら効率よく症状の緩和を図ります。
体が動く今だから始めるセルフケア!|旭川のはじめ鍼灸整骨院

(↑タイトルに触れると閉じられます↑)
 

あなたの体がもっと楽に快適に動けるとしたら?

実は体の使い方にはコツがあるのをご存知ですか?
 
当院の院長平山はじめは、獣医師として西洋医学を、鍼灸マッサージ師や柔道整復師として東洋医学を学び、加えて合気柔術やゆる体操の稽古をもう25年以上1日も休まずに続けています。院長が学んできたセルフケアはよくある筋トレやストレッチ、ヨガ、ジョギングなどのセルフケアとは一味違います。ゆる体操や操体法を中心に楽で難しくない体操なのに、効果を実感しやすいものばかり!
 
おまけに院長自身が首肩のコリや腰痛、突発性難聴などになったときに実際にセルフケアをおこなってみて、効果は実証済みです。
 
だからこそ当院では「これだけはやってくださいね」と日常の生活指導や体操などのお話をすることがよくあります。
 

当院でセルフケアの話を積極的におこなう理由とは?

このようなお話に力を入れる1つ目の理由はもちろん患者さんの体の痛みや症状を改善したりリハビリのために必要であること。
 
そして2つ目は体の不調や痛みが出にくい体をつくること。これは数ヶ月とかの短期的な目標のこともありますし、10年20年先を見越してお話することもあります。

しかし体がもっと楽に快適に動けるようになるのが分かっていても、先のことを考えたら今セルフケアをやっておいた方がいいのは分かっていても、なかなかご自宅では実践していただけないのが実情なのです。
 

自宅でセルフケアができない理由とは?

患者さんが「セルフケアが必要なのは理解しているが、自宅ではできない」と仰る理由はいろいろです。例えば
 
「やり方が分からない」
「筋トレやストレッチ、ジョギングはちょっと」
「時間がない」
「一人では続けられない」
 
まあ、ごもっともですよね。実はそれ以外にも治療の最中に生活指導や体操のお話をすることには大きな問題がありました。
 

治療中にセルフケアのお話をすることの問題点とは? 

それは、お話が断片的になることです。
 
これまで院長が積み重ねてきたセルフケアや武術的な体の使い方は、全身があって部分の運動があり、部分があって全身の運動があるというものでした。だからこそ東洋医学にも直結するセルフケアになっているのですが、短い治療時間にする日常生活や体操のお話ではどうしても症状やその部位だけのお話になってしまいがちです。
 
しかし本当は他の部位や全身の運動との関係を知っていれば、それらの生活や体操のお話がもっともっと活きてくるものなのです。症状のある部位だけのお話だけでなく、全身的なお話をした方が患者さんの身体や健康のためにお役に立てる可能性があるのです。
 

体が動く今だからこそ始めるセルフケア!

また「もっと早くからセルフケアを始めていていただければ、もっと症状の軽減が見込めたのに」という患者さんも少なくありません。どうしてもご年齢や症状の強さ、運動能力などとの関係でセルフケアについて多くをお話をすることが難しい患者さんもいらっしゃるのです。
 
体が動く今だからこそセルフケアを始めておく必要性を感じるのはこんな時です。
 

これらの問題の解決方法は? 

患者さんにセルフケアを実践していただく場合のこれらの問題を解決する方法はないか考えてみました。
 
これまで長い間私は独りでのトレーニングを続けてきました。でも患者さんの中には身体や健康、運動に関心をお持ちの方もいらっしゃいます。それならこのようなセルフケアの方法を自分一人のものにしておくのではなく、このようなお話をする場「ゆるふわ身体づくりの会」を新しく設けても良い時期に来ているのかも知れないと思い至ったのです。
 
そうすれば

  • いろいろな部位のセルフケアの方法をお伝えできる!
  • それぞれの部位の話を関連づけてお話できる!
  • 比較的健康で体を十分動かせる方にもお伝えできる!
  • 時間がない方はご都合の良い時だけでも参加できる!
  • 会に参加することでセルフケアを続けられる!

 
このように、いくつかの問題点が改善できることが分かりました。これが当院でセルフケア教室「ゆるふわ身体づくりの会」開催されるようになった経緯なのです。
 

つらくない、頑張らないセルフケアの意外な効果とは?

現在「ゆるふわ身体づくりの会」では9つのテーマを繰り返しながら、全身のセルフケアを学んでいます。会に参加されている方々からは毎回参加されるたびに

「体が楽になった」
「立ち方や歩き方が変わった」
「楽に動けるようになった」
「呼吸が入りやすくなった」

というような感想が寄せられています。
 
あまりハードとは言えない、無理のかからない体操なのにその場で体の変化を感じられることに驚かれる参加者の方が多くいます。加えて、体の動きが変わることに驚かれる方も少なくありません。
 
それはそうです。院長が学んできたセルフケアは、もちろん健康づくりにも役立ちますが、合気柔術にも役立たせるために学んできたものなのですから。つまりゆるふわ身体づくりの会でお伝えしているセルフケアは運動能力の向上にも役立つセルフケアなのです!
 

お忙しい方も、ご年配の方も、学生さんも、未経験の方も

そのような内容のセルフケアですから、年齢も性別も経験の有無も関係なくいつでもご参加いただけます。
 
お仕事がお忙しい方のために晩のお時間にも開催していますし、ご都合がつく時や気になるテーマの回だけご参加いただくことも大歓迎です。
 

治療後や体がつらくなる前にできることとは?

体がつらい時にはしっかり治療をかけて症状を軽減させることは重要です。しかし健康管理、健康増進ということを考えるのなら、つらくなった後のことだけでなく、治療して楽になった後、もしくはつらくなる前にできることを考える必要があります。
 
そのうちの1つが、体が動くうちからセルフケアを始めることなのです。
 

 

 

テーマは手足体幹を基本とした9種類!

  1. 今の体調をチェックする3つの方法
  2. 肩こりを軽くする3つのポイント
  3. 錆びついた脚を軽くする調整法
  4. 簡単!誰でもできる体幹の基本ケア
  5. 楽チン呼吸法で体の中から健康に!
  6. 肩こりとさよならする腕の使い方
  7. 今なら間に合う脚の使い方の改善法
  8. 猫背・反り腰を根本から改善する方法
  9. 体の軸から感じよう!当院のセルフケア!

 

自分の健康を人任せにしたくないあなたのために

<ゆるふわ身体づくりの会(約40分)>毎週金曜日、各回払い1500円(税込)

今週が午前中だったら次週は晩というように、1週ごとに午前の部と午後の部と開催時間が変わります。お気軽にお問い合わせください!
 

<ゆるふわ身体づくり・個人レッスン(約40分)>4990円(税込)

猫背やO脚、運動時に痛みが出やすい、冷え性など、ご自分の課題がある方には個人レッスンも承ります。課題をお伺いした上で、個別に作成したプログラムで受講していただきます!

ゆるふわ身体づくりの会|旭川のはじめ鍼灸整骨院
体のコリや違和感を感じた時が治療開始のタイミング|旭川のはじめ鍼灸整骨院

(↑タイトルに触れると閉じられます↑)
 

あなたの健康を守るための当院の役割とは?

当院ではつらい症状に対応するのはもちろんのこと、東洋医学の言葉で病気のなりかけを意味する「未病」への対処や、体調管理を自分でおこなう「セルフケア」のお話も治療院の役割だと考えています。
 
「未病」とは簡単に言えばつらさや痛みを感じる前の体のこりや違和感のこと。
 
ストレス・疲労や首肩のこり、冷えなどの「未病」が本格的につらくなる前に早めに調整したり、シニアになって強い痛みなどが原因で体が動かなくなる前につらくない、頑張らないセルフケアを始めることは、近い将来健康寿命の維持が自己責任となることを考えれば、今後ますます大きな意味を持ってきます。
 
あなたの健康を守るためには、つらさや痛みを感じている時のしっかりとした治療はもちろん、症状が改善した後のセルフケア、そしてつらさや痛みを感じる前の体のこりや違和感に対して早め早めに調整するということが必要なのです。
 

未病には全身の流れの調整が効果的

院長の東洋医学の知識と経験が豊富な当院では、体の流れ(経絡)を根本から調整してつらさや痛みに変わる前のこりや違和感を軽くします。
 
疲やさしい刺激で五臓六腑や全身の流れ(バランス)を調整して重く感じる体を楽にしましょう!
 

セルフケアと未病の関係とは?

 当院では積極的にセルフケアのお話もしていますが、実はセルフケアと未病には深い関係があります。
 
継続的にセルフケアをしていると、普段の自分の体の状態というのが分かってきます。すると、今日の自分の状態が普段の自分の体と同じなのかそうでないのかが分かりやすくなるのです。
 
「あれ? 今日はいつもと違うな」
 
その違いは小さなこりや違和感かも知れません。そのこりや違和感がセルフケアで軽減される程度のものでしたら問題ないのですが、一晩寝ても、セルフケアをしても軽くならないこりや違和感だとしたら未病と考えた方が良いかも知れません。
 

未病を放っておくとつらさや痛みに変わります!

この未病というのは、この状態で対処しないと症状が悪化してつらさや痛みに変わってしまうことがあります。
 
だからこそ東洋医学では「症状が悪化する前に未病の段階で対処しましょう!」という考え方を大切にするのです。
 
もし今あなたがつらさや痛みほどではないにしてもこりや違和感を感じていらっしゃるのでしたら、本格的に悪化してつらさや痛みを感じる前に対処することをおすすめします。
 

 

 

 未病に対する当院のおすすめメニュー

<未病のはり灸(約20分)>3890円(税込)

当院の未病に対する基本のメニューです。全身の流れを調整して未病の軽減と緩和を図ります。健康管理のためには2〜3週に1度くらいのペースで受けることをおすすめしています。
 

<頭のはり灸(約15分)>2700円(税込)

頭の使い過ぎや精神疲労を感じるような時は、頭にはりをするのも効果的です!